Home > レビュー記事 > レビュー > レビュー:Caylus

レビュー:Caylus

コメント:Neuroshima Hexで好評を得たBig Daddy’s Creationsのボードゲームアプリです。Neuroshima Hexとは違い、地味で実体の掴みにくい印象を受けるかもしれません。しかし多彩な戦略性や変化して行く状況などの要素を持つ奥行きのあるボードゲームです。

アプリ名:Caylus

デベロッパー:Big Daddy’s Creations インタビュー
ジャンル:ボード
レビュー時の価格:¥450
レビューしたバージョン:1.0
日本語対応:×
対応機種:iPhone、iPod touch、およびiPad互換 iOS4.0以降
レビュワー:iHait

公式動画

プレイガイド
ケイラス(Caylus)は労働者を使って資源を入手し、新たな建物や城の建築を行い名声点を稼ぐボードゲームです。1ターンは7つのフェイズに分かれ、ゲーム終了まで繰り返して行きます。

フェイズ1 ー 定期収入
ターンの始めに収入として金貨2枚を貰います。さらに邸宅(Residence)か図書館(Library)を所有していると収入が増加します。

フェイズ2 ー 労働者(Worker)の配置
各プレイヤーは右上の旗の順番で労働者を配置して行きます。配置には最低金貨1枚が必要で、パスをしたプレイヤー1人につき、配置に必要な金貨も増加します※。城と馬小屋以外の建物は先着1名で早いもの勝ち。配置した建物に旗が立っている場合(建てたプレイヤーの旗)、そのプレイヤーに名声点1が入ります。

労働者は全部で6人使えますが、途中でパス(砂時計アイコン)してもかまいません。最初にパスを選んだプレイヤーは金貨1枚を受け取り、次回の順番が最初になります。

※パスが1人なら金貨2枚、2人いれば金貨3枚必要になってくる(画面下方に、「Place worker for (1) or pass.」と表示)。

フェイズ3 ー 特殊な建物の処理
城から見て橋の手前に並ぶ6つの建物(城を除く)の効果を処理します。

城門(Gate):フェイズ2終了時に、空いている建物へコスト0で配置出来る
交易所(Trading post):金貨3枚の収入を得る
商人ギルド(Merchant’s guild):コスト0で監督を移動出来る(3歩まで)
競技場(Joust field):金貨1枚+布1枚で名声点1点を得る
馬小屋(Stables):プレイの順番を配置した順に変更する(優先的。他のプレイヤーは繰り下がり)。
宿屋(Inn):最初配置した労働者は左側に置かれる。他のプレイヤーが来るかフェイズ2終了時に右へ移動。右にいるプレイヤーはそのターンの間配置コストが常に金貨1枚で済む

フェイズ4 ー 監督(Provost)の移動
道沿いに白い服を着た偉い人が2人立っていますが、ひょろっとした方が監督です。この監督は活用可能な土地の範囲を示しています。半透明の建物はこの監督を動かして有効にしないと機能しません。1つ動かすごとに賄賂として金貨1枚がかかります。

フェイズ5 ー 他の建物の処理
橋を渡った最初の建物から道なりに、残りの建物を処理して行きます。

生産系の建物(Farmなど):建物の上に資材のアイコンが付いている場合はその資材が得られます。大きなアイコンの下に小さいアイコンがある場合、持ち主も小さいアイコンにある資材が得られます。

取引系の建物(Marketplaceなど):資材のアイコンと矢印が付いている場合は、資材の交換が出来ます。金貨を支払い資材を購入するか、資材を売って金貨を得ることが出来ます。

建築系の建物(Masonなど):家のアイコンが付いている建物は空き地に新しい建物を建築することが出来ます。茶色い家アイコンは木造建築、グレーの家アイコンは石造りの建築が可能です。必要な資材の詳細は、右ウインドゥの建造物タブでいつでも確認可能。右ウインドゥの下方をタップするとタブが表示され、必要な資材(Cost)と建てた時の恩賞(Award)が一覧出来ます。

法律家(Lawyer):布1枚+金貨1枚を支払い、好きな建物を自分の邸宅に建て替えることが出来ます。

有名建築物(Prestige Building):金の家アイコンがある建物では、邸宅を有名建築物へ改築することが出来ます。改築することで多くの名声点を得られます。

フェイズ6 ー 城の建築
城に労働者を配置したプレイヤーは、食料1つ+異なる資材2つを消費して城の建設を行います。城は地下、城壁、塔の3つのパートに分かれていて、地下が全部埋まったら城壁、塔という順に埋めて行きます。資源が許せば何ヶ所でも建設出来、1ヶ所につき決められた名声点が得られます。

地下(Dungeon):名声点5ポイント×6ヶ所
城壁(Walls):名声点4ポイント×10ヶ所
塔(Towers):名声点3ポイント×14ヶ所

ベストビルダー(Best Builder)
このフェイズで最も多く建設を行ったプレイヤーは、国王の恩賞(Royal Favor)というボーナスを得られます。貰える恩賞は名声点、金貨、資材、有利な建築ボーナスの4つから選択出来ます。1つの種類の恩賞を何度も選択することで貰える質が上がって行きます。

フェイズ7 ー ターン終了
道沿いの白い服を着た太った人(行政官:Bailiff)が移動します。ゲームの進行役です。この人は足が遅いのでゆっくり移動します。監督が前方に居ればあわてて2歩進み、それ以外は1歩ずつ進みます。もし記念碑(Mile Stone)に到達した場合査定が行われ、築城の貢献度合いにより恩賞を貰えます。

記念碑は3ヶ所あり、城の3つのパートに対応しています。

1つ目(地下)
建築数0:名声点-2
建築数2以上:国王の恩賞×1

2つ目(城壁)
建築数0:名声点-3
建築数2:国王の恩賞×1
建築数3~4:国王の恩賞×2
建築数5以上:国王の恩賞×3

3つ目(塔)
建築数0:名声点-4
建築数2~3:国王の恩賞×1
建築数4~5:国王の恩賞×2
建築数6以上:国王の恩賞×3

ゲーム終了
行政官が最後のチェックポイントで塔の査定を終了した時点でゲームが終了します。それ以外の場合は、新たなターンが始まります。

※2人プレイ時には以下のルール変更があります。
・ラウンドの終了時に1番目と2番目のプレイ順を入れ替える
・馬小屋が使えない
・片方がパスした時の配置コストが金貨3枚になる

解説
フランス王政時代の国王フィリップ4世は国境の強化のため、国境付近の村ケイラスに城を建築するよう命じます。やがて仕事にあぶれた労働者や職人達が糧を求めどこからともなく集結して来ます。プレイヤーは6人の労働者を従えた大工の元締めで、城とその城下町を発展させ名声点を競い合います。

始めてこのゲームを遊ぶと、類型があまり存在しないせいもありルールが難解に感じられるかもしれません。何をすれば良いのか、何が面白いのかすぐには分かりにくいゲームだと思います。何度か遊んでみて、全貌が見えてくるるにつれじわじわと面白さが分かってくるボードゲームだと思います。

大工なので基本的には沢山の建物を建てて名声を獲得して行きます。建物には複数の効果があり、有益な資源を生み出す建物を所有していれば、潤滑に名声を獲得していくことが出来ます。しかし自分も資材を集めないと城築で差をつけられてしまいます。資材やお金のバランスも考慮しつつ、どのタイミングで何に労力をつぎ込むかといった判断力が問われます。

一見プレイヤー間の妨害要素が少ないゲームのようですが、結構相手を邪魔することも出来るゲームです。監督を利用し他プレイヤーの労働者を利用不能にしたり、建物の改築よって特定の資源を枯渇させたりといったことも可能です。しかしゲームの進行によって重要となる資材が木から石へ、石から金へと変化して行く為、その時点での戦略の転換も必要となって来ます。こうした状況の変化への対応もこのゲームの難しさであり魅力となっている点だと思います。

奥行きのあるボードゲーム故、初心者にはやや敷居が高いということも否めません。これはルールの複雑さというよりは、ゲームシステムを把握する能力を問われる点が大きいように思えます。各要素がどのような関連性を持ちゲームが成り立っているのかを把握していないと、場面毎の最善手をイメージすることが難しいでしょう。隅から隅まで把握する必要はありませんが、理解力が足りないとよく分からないという印象しか持てないこともあるかもしれません。

現状では他のアプリを起動していると非常に落ちやすいというのと、4Gだとタップやドラッグ時の反応がかなり鈍く感じるという点が残念です。画面が細かいこともあって労働者の配置やタブの切り替えもやりにくく感じます。情報量などの違いはありますが、Neuroshima Hexが洗練されていて快適だっただけに残念な部分です。それとシングルプレイはやり込める作りではありません。オンライン対戦についてですが、現状は時間帯によっては5人対戦のルームにも参加出来ます。ただどの時間帯でも相手に困らないというほどではない様子です。

割と淡々と進んで行くゲームですが、淡々としながらも少しずつ変化して行く状況や戦略の幅広さは独特のもので、なかなか飽きさせない魅力を持っていると思います。時間をかけてじっくりと遊び込めるボードゲームを望むなら、本作はその期待に答えてくれるかもしれません。

またpuzle-app.comでも実際にゲームプレイを交えての詳細なレビューを行っております。Caylusを様々な視点から知る上でも参考になるでしょう。
http://puzzle-app.com/2012/01/16/caylus.html

評価
ゲーム性:★★★★★
サウンド・グラフィック:★★★★☆
やりこみ要素:★★★☆☆
操作性:★★★☆☆
評決:80/100

+ポイント
戦略の多彩さ
毎回異なるゲーム展開

-ポイント
ルールの把握が大変
タッチの反応が鈍い時がある

参考:英語圏主要メディアのレビュー点数(100点満点)

60:Pocket Gamer
90:Gamezebo
80:TouchArcade

90:AppStore(US)
80:AppStore(GB)

このアプリをダウンロードする



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top