Home > ニュース > Tiny Towerのデベロッパー、NimbleBitがZyngaに物申す

Tiny Towerのデベロッパー、NimbleBitがZyngaに物申す

Zyngaがカナダで先行リリースしたDream Heightsというゲームアプリが物議を醸しています。Tiny Towerの「模倣」だとデベロッパーのNimbleBitがTwitterでZyngaあてにメッセージを発信しています。

Dear Zynga(2789名の社員全員へ)

Dream Heightsという新作ゲームアプリをリリースするそうですね。おめでとう。iPhone game of the yearに輝いた僕らのTiny Towerの大ファンでいてくれてありがとう。上手くいくといいですね。僕らが今後リリースするゲームでも君たちをインスパイア出来ることを楽しみにしています。

敬具(3名の社員全員より)
NimbleBit

日本国内のソーシャルゲームでもこういった「模倣」に関する議論はあるようですね。きちんと法務部を構えて特許を取ったり、商標登録したりして保護出来る部分をきちんと保護している抜け目ない企業も多いですが、数名しか社員のいないNimbleBitでは予算的な問題や人的リソースの面から対応が難しかったりするケースが多いです。法的手段を取っていくのか、それともNimbleBitを擁護するコミュニティーの力を借りて圧力をかけていくのか、今後の行方が気になります。裏読みすると、Zyngaが悪い意味での話題を振りまいて注目をさらい、とりあえずダウンロード数を伸ばすのが目的なのかともとれてしまいます。「○○のパクリ!」というのも立派な宣伝文句になってしまうんですよね。資金力のあるZyngaには確信犯的にこうしたマーケティングを仕掛けられるだけの人材はいるはずです。ちなみにZyngaは過去にNimbleBitを買収しようとしていたようです。

関連記事:
知的財産権
【GDC2011】ソーシャルゲームはパクリばかりか? 模倣に勝つ方法とは?



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top