Home > レビュー記事 > レビュー > 更新:レビュー:サムライ vs ゾンビ

更新:レビュー:サムライ vs ゾンビ

8月16日更新:バージョン3.0.0でゾンビ・ライジングモードが追加され、ゾンビ側でプレイ出来るようになりました。今回の拡張で、さらにやりこみ度が向上しています。これまでのモードはクラシックモードということになりました。コインと宝石のみ両モード共通となるので、クラシックモードでコイン稼ぎをしてから、ゾンビ・ライジングモードでコインを使いながらプレイすることが出来るようになっています。クラシック70ステージ、ゾンビ・ライジング30ステージの合計100ステージとなりました。アプリ名の順番をひっくり返してゾンビ vs サムライとしてリリースしても良さそうなアップデート内容です。すでに相当儲けたのでユーザーへの還元という意味合いなのでしょうか。

8月6日更新:別途、最新バージョンの攻略情報を特集:サムライ vs ゾンビ攻略でまとめました。こちらも参照ください。

3月21日:
コメント:侍対ゾンビというB級映画のような設定のディフェンスゲームアプリです。暇つぶしではなくやりこめるフリーミアムゲーム。いろんなパターンの攻略が出来そうなので、自分なりの攻略方法を見つけるのが一番のお楽しみポイントかも。


アプリ名:サムライ vs ゾンビ

デベロッパー:Glu Games Inc.
ジャンル:ストラテジー
レビュー時の価格:¥0+アプリ内課金
レビューしたバージョン:1.1.0
日本語対応:×
対応機種:ユニバーサルアプリ
レビュワー:Gee7

プレイガイド
なぜか侍がゾンビと戦うB級映画のような設定のディフェンスゲームアプリです。発売元はBlood & Gloryなどのフリーミアムゲームにいち早く特化したGlu Gamesですが、実際の開発はインドの会社のようです。グラフィック的にも良く描かれている主役の侍は画面右を押すと右移動、左を押すと左移動します。攻撃は自動で行ってくれます。接近戦は刀、ある程度距離が離れると弓で攻撃します。侍は刀スラッシュ、稲妻、スロー、神の力、竜巻、煙攻撃などの特殊スキルを装備することが出来ます。侍以外に農民、剣侍、槍侍、弓侍、上級侍、仙人、織田信長、馬に乗った槍侍、武田信玄などのユニットを使用出来ます。主役の侍、スキル、各種ユニット、補助的ユニットである村を守る門、鐘、村を守る弓兵など、全てアップグレードが可能です。その他、お守りが6種類、アイテムが5種類あります。お守りはステージ開始前に装備すればステージ中通して効果を発揮します。アイテムは画面右上のアイコンをタップすることで使用することが出来ます。お守り、アイテム共に使用するとなくなります。フリーミアムということで、ゲーム内通貨は黄色のコインと緑色の宝石の2種類となっています。両方共アプリ内課金の対象ですが、より重要となるのが宝石となります。

ユニットを5種類、スキルを2種類、お守りを1種類まで選択してステージを始めます。お守りは特に装備しなくても構いません。画面左側の数字(リーダーシップ)が自動的に上昇するので、出撃させたいユニットをタップすれば戦闘に参加します。敵のゾンビを全滅させればステージクリア、村の門を突破されてしまうとゲームオーバーとなります。春夏秋冬+カオスで構成された50ステージクリアすると好きなステージを遊べるようになります。50ステージクリアするまではクリア済みのステージを再プレイすることは出来ません。フリーミアムゲーム特有の制約はこの程度となります。

お守り
※お守りはステージ中に出現する宝箱から獲得するか、パチンコの景品として獲得するしかありません。(購入は出来ません)
パワー(赤):クリティカル率アップ
ラッキー(紫):宝箱出現率アップ
フレンドシップ(白):最強の味方ユニット、巨大侍が出現
富(黄色):コイン獲得率アップ
スピード(青):ユニットの進行スピードアップ
ピース(ピンク):ゾンビの武器を弱体化

アイテム
※アイテムはステージ中に出現する宝箱から獲得するか、アプリ内課金で購入するしかありません。
寿司:侍の体力回復
寿司プレート:侍と戦闘中のユニット全員の体力回復
湯のみ:リーダーシップ+25
急須:リーダーシップ+50
蘇生:侍が復活し、ステージ継続プレイが可能

解説
一般的なディフェンスゲームと比較すると作り込みが数段上と感じるゲームです。ゾンビとの攻防がワンパターンではない点が特徴でしょうか。多くの有料ディフェンスゲームよりはるかに念入りに開発された感がします。侍を先走らせるステージもあれば、門の手前ギリギリのところで、ゾンビの大群とせめぎ合うステージもあります。ステージごとに戦い方や装備も変えていかないとなりません。各ステージでどう戦えばゾンビを全滅出来るか、戦術を考えるところが面白みと言えるでしょう。フリーミアムなのに、非常にバランスが取れている仕様です。頭を使って戦うことが出来れば課金圧力はそれほど強くないと思います。数学が得意なインドの開発会社のプログラミングだからかもしれませんが、絶妙なバランスの難易度設計・ステージ設計だと感じました。ステージが進むほど突破するのが容易ではなくなってくるのはどのゲームも一緒ですが、フリーミアムゲームだとアプリ内課金を利用すれば問題解決というパターンがほとんどだと思います。しかし、このゲームはコイン稼ぎをちょっとがんばって、どこを強化すればいいか、どういう順番でユニットを出撃させ、どのスキルを装備すればいいかをじっくり考えると問題解決出来るような作りになっていると思います。この点は他のフリーミアムゲームより明らかに優れている点ではないでしょうか。ここは、詰まってしまったステージをがんばってクリアした時にのみ実感出来る部分だと思います。ゲーム性以外にもグラフィックやサウンド、文化的な要素までかなり入念に開発されたことが伝わってくるものとなっています。特にステージ背景は四季折々の情景がかなり丁寧に描き出されていて、舞台が日本だということが如実に伝わってきます。

日本が舞台になっているいうことで、日本文化の一つでもあるパチンコがミニゲーム的に登場します。ゾンビを蹴散らすとたまにコインと一緒に銀色のボールを落としていきます。これがパチンコ玉になっていて、ストックされた玉の数だけパチンコを遊ぶことが出来ます。真ん中のスロットを揃えると、お守り、アイテム、宝石(出現率低)を景品として貰うことが出来ます。入賞口に玉が入るとコインが貰えます。なぜか戦後のパチンコのように、1回1回ピンボールのようにハンドルを引いて玉を弾かなければならないのはご愛嬌でしょうか。それとも侍が存在していた古い時代ということで、パチンコも古い時代のものにしたのでしょうか。パチンコ以外にも1日1回デイリーボーナスが貰えます。中身はコインだったり、アイテムだったり日によって違います。

日本が舞台なのに日本語対応ではないということと、ステージ中のアイテム切り替え時の操作感、チュートリアルがないといったところは残念な点ですが、フリーミアムゲームとはいえ、上質な部類に属するディフェンスゲームでしょう。噛めば噛むほど味がなくっていくガムのようなフリーミアムゲームが多い中、噛めば噛むほど味わいが出てくるスルメのようなフリーミアムゲームだと思います。がんばって50ステージをクリアするとかなりの達成感というかやってやった感を感じることが出来るはずです。日本語対応ではないので敬遠する人も多いかもしれませんが、舞台は日本です。とっつきやすさはあると思います。最初の数十分で早急な判断を下すのではなく、腰を据えて全ステージを堪能するつもりで遊んでほしい1本です。1周目をクリアしたあとは好きなステージを遊べるようになるので、アイテムやお守り集めやパチンコ玉集めをして楽しむことが可能です。暇つぶしではなくやりこめるフリーミアムゲームってそうそうないと思います。ディフェンスゲーム好きだけでなく、ゾンビ好きやディフェンスゲーム入門編としても用途はありそうです。ワンパターンの攻防戦になりがちな有料ディフェンスゲームも見習って欲しいような出来のゲームではないでしょうか。

攻略ヒント
どうしても詰まってしまうステージがいくつかあると思いますが、基本はあきらめないことです。あきらめずにコインを貯めてどこを強化すれば突破できるかを研究します。移動スピードの速い敵に門手前まで攻め込まれるのであれば門を強化して耐える、攻撃力の高い回転する敵に苦戦するようであればスローや上級侍のレベルを上げてみるなど、出来ることは多々あります。慌てず騒がず冷静に自軍の弱点と敵の弱点を分析することが攻略の近道だと思います。どうしてもクリア出来ないようであれば、最強のお守りであるフレンドシップ(白)を投入ということになると思います。あとちょっとでクリア出来そうなところで押し込まれてしまったら蘇生を使用してもいいでしょう。いろんなパターンの攻略が出来るゲームだと思うので、自分なりの攻略方法を見つけるのが一番のお楽しみポイントかもしれません。

50ステージクリア時のデータ
侍レベル9
侍の剣レベル5
侍の弓レベル5
門の体力最大
装備スキル:スローレベル5、煙攻撃レベル1
装備したお守り:ピース(ピンク)
主力ユニット:上級侍レベル5、弓侍レベル5+ライフルマン
使用アイテム:蘇生

評価
ゲーム性:★★★★★
サウンド・グラフィック:★★★★☆
やりこみ要素:★★★★★
操作性:★★★☆☆
評決:88/100

+ポイント
バランスの取れ具合
ユニット、お守り、アイテムが豊富
戦略・戦術要素
フリーミアムなのに少ない制約
攻略ポイント多い

-ポイント
チュートリアルの不備など多少の不親切感
日本が舞台だが日本語非対応

参考:英語圏主要メディアのレビュー点数(100点満点)
該当無し

参考:カスタマー評価(100点満点)
90: AppStore(US)
90: AppStore(GB)
90: AppStore(JP)

このアプリをダウンロードする



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top