Home > レビュー記事 > レビュー > レビュー:The Tribez

レビュー:The Tribez

コメント:農場系のシミュレーションゲームです。日本語非対応ですが、英語が苦手な人でも遊べるような親切設計になっています。日本語化していれば日本でも人気が出て不思議はないゲーム内容だと思います。スマーフ・ビレッジが日本語化される前から楽しめていた人なんかに向いていそうなゲームかもしれません。


アプリ名:The Tribez

デベロッパー:Game Insight, LLC
ジャンル:シミュレーション
レビュー時の価格:¥0+アプリ内課金、The Tribez HD:¥0+アプリ内課金
レビューしたバージョン:1.0.2
日本語対応:×
対応機種:iPhone、iPod touch、iPad互換iOS 3.2以降
レビュワー:Gee7
 
プレイガイド
ソーシャルやフリーミアムでお約束となっている農場系のシミュレーションゲームです。石器時代を舞台に各種クエストをこなしつつ、町を発展させていくゲーム内容です。画面左上の星がレベルアップ情報、スマイルマークは住民の満足度を表示します。クエストは画面左に表示されます。クエストは草や木を刈り取ったり、洞窟を探索してアイテムを発見したりといった内容です。画面下部のアイコンは左からハンマー=建築、手=建築物の撤去・移動、i=メニュー、地図=マップ、リュック=在庫、建築物の表示・非表示、画面ズーム、オプション、リンク、カメラとなります。画面上部はゲーム内通貨の宝石、ゴールド、食糧、各資源の保有数を表示します。マップは4種類あり、マップ上の島を行き来することが出来るようになっています。画面右下の紋章のようなアイコンをタップすると「Buy Bonuses」という画面が開きます。ボーナスの購入にはゴールドか宝石が必要ですが、一定時間だけ経験値や資材の獲得率を数十パーセント上げてくれる効果があるようです。

基本的な遊び方というかゲームの流れですが、メインビルディングのレベルに応じ、土地全体を管理するのに必要な建築物が増えていきます。メインビルディングのレベルが上がらないことには町が発展していかないことになります。土地はブロックごとに区画整理されていて、ゴールドを使って一区画ずつアンロックしていきます。

家を建てると住民が住みつきます。住民は畑を耕したり、建築物を建てたり、土地を整備したりする労働者となります。畑では作物を植えて食糧を入手出来ます。各資源を取得するには該当の建築物を建設しなくてはなりません。資源の回収は表示されるアイコンをタップするだけで自動的に回収となります。倉庫を建てることで資源をストックすることが出来ます。住民の満足度を上げるには石像を建ててみたり、ベンチを置いたりしていきます。基本的な遊び方というかゲームの流れを一言でまとめると労働者、資源、ゴールドを上手に割り当てていきながら町を大きくしていくことです。

食糧(Food)
木(Wood)
石(Stone)
材木(Lumber)
切り出し石(Cut Stone)
大理石(Marble)

解説
フリーミアムやソーシャルの農場系ゲームはそれほどいろんな種類を遊んだことがありませんが、他のゲームよりは進行スピードが速いのかなという気がします。建築物を建てるにしても重要な建物を除き、割とサクサク建てることが出来たりします。資源のほうも同様です。クエストをこなすのもテンポよく進んでいきます。そのおかげで常にやることがあるという状況が継続します。ただ、ある程度町を発展させると数分遊んであとは放置という感じにはなってしまいます。グラフィックのほうは日が差し込んできたり、雨が降ったり、火がゆらめいていたり、小動物や鳥が動きまわったりと細部まで描き込まれています。ペット代わりに恐竜が登場し、敵の部族を追い払ってくれたりします。こうした細かい部分も手が込んでいます。BGMはちょっと単調でしょうか。かなり長い時間遊ぶことが出来るゲームなので単調さは飽きられてしまう原因の一つになりかねません。ゲーム内通貨でアプリ内課金対象の宝石ですが、時間短縮や貴重なアイテムの購入に使用可能ですが、アプリ内課金を利用しなくても普通に遊べてしまいます。

日本語非対応ですが、英語が苦手な人でも遊べるような親切設計になっています。例えば、クエストアイコンをタップするとクエスト内容が表示されますが、何をしていいか理解に苦しむ場合はFindをタップします。すると何をしていいのか矢印アイコンを使って表示してくれます。建物を建てるのであればどの建物なのか、資材を集めるのであれば該当する場所と数字を表示してくれます。

タイムスリップして石器時代に到着したというストーリーのようで、タイムスリップする前の時代の学者とコミュニケーションをしたりすることがありますが、会話は全て英語となります。英語が苦手であればストーリーを理解するのに苦労しますが、ゲームの進行に大きな影響はないと思います。

クエストをこなし、ストーリーを進めながらレベルアップしていくだけでも十分楽しめるようになっていますが、町をデコレーションするのも楽しみの一つとなります。区画をアンロックしていくごとにどういう町にしようか悩めるのもちょっとした楽しみになりそうです。ゲームが進んでいくと他の島がアンロックされ、移動可能になります。他の島がアンロックされてくるとまたやることが増え、忙しくなってきます。宝石とゴールドは全ての島で共通ですが、食料や資材は各島で採掘した分しか使用出来ないようになっています。

日本語化していれば日本でも人気が出て不思議はないゲーム内容だと思います。英語のゲームという理由だけで敬遠する人はきっと多いのでしょうが、食わず嫌いせずに試してみると意外に遊べてしまうタイプのゲームかもしれません。日本語対応のゲームが十分に出揃ってきているので、それで十分という声も聞こえてきそうですが、選択肢を広げてみると新たな発見があるかもしれません。ストーリーを楽しめないところは仕方ないと思いますが、ゲーム性そのものは英語が苦手でも楽しめるようになっていると思うので、無料で試してみることは可能です。スマーフ・ビレッジが日本語化される前から楽しめていた人なんかに向いていそうなゲームかもしれません。ハマってしまったら1ヶ月以上遊ぶことが出来そうなだけのボリュームがあるゲームです。

評価
ゲーム性:★★★★☆
サウンド・グラフィック:★★★★☆
やりこみ要素:★★★★★
操作性:★★★☆☆
評決:81/100
 
+ポイント
英語が苦手でも遊べる親切設計
 
-ポイント
ストーリーに関しては言葉の壁あり

参考:英語圏主要メディアのレビュー点数(100点満点)
80:GameZebo
 
参考:カスタマー評価(100点満点)
100:AppStore(US)
90:AppStore(GB)
90:AppStore(JP)

このアプリをダウンロードする



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top