Home > レビュー記事 > レビュー > レビュー:WarGames: WOPR

レビュー:WarGames: WOPR

WarGames: WOPR 開発: Be-Rad Entertainment LLC
レビューしたバージョン: 1.01 日本語対応: ×
ジャンル: ストラテジー 対応機種: ユニバーサル
レビュー時の価格: ¥85+アプリ内課金 レビュワー: Gee7

80年代の映画、WarGamesの公式ゲームです。見た目はマッチ3パズルゲームアプリですが、戦略性が高く「ストラテジーパズル」ゲームと言えそうです。ミサイル、ドル、ヘルス、レーダーのパネル4種類をドラッグして3つ以上連鎖させ消していきます。ミサイルを連鎖させたりして敵を攻撃し、敵のヘルスメーターをゼロにするとステージクリアです。敵のヘルスメーターをゼロにするステージが主となりますが、時折ポーカーステージなるものが出現します。ポーカーステージでは敵のパネルを一番下の段に落として消していきます。規定数の敵パネルを消せばステージクリアです。

画面左上に自分のステータスが表示されています。敵の攻撃を受け、緑色のヘルスメーターがゼロになるとゲームオーバーです。敵の攻撃を防ぐにはパネルを連鎖させて、敵のパネルを破壊しないとなりません。敵のパネルには数字が2つ表示されていますが、上の数字が受けるダメージ数となっています。

画面下部に戦術(Tactics)が5種類表示されています。ステージ開始時には25ドルしかありませんが、ステージ中にマネーパネルを獲得していくことでマネーは増えていきます。マネーを使って戦術を使用することが出来ます。戦術(Tactics)とMODS(サポートアイテム)は5種類ずつ装備することが出来ます。6段階まで強化が可能です。

戦術(Tactics)
ピース:出現している敵のパネル全てにダメージ付与
ボンバー:敵へダメージ付与
ミサイル:出現しているミサイルパネル全てを回収、敵のミサイルパネルにダメージ付与
ヘルス:出現しているヘルスパネル全てを回収、敵のヘルスパネルにダメージ付与
レーダー:出現しているレーダーパネル全てを回収、敵のレーダーパネルにダメージ付与
マネー:出現しているマネーパネル全てを回収、敵のマネーパネルにダメージ付与
グレネード:3×3の範囲を破壊
タンク:横一列上のパネル全てを破壊
レーダー/ヘルス変換:レーダーパネルをヘルスへと変換
マネー/ミサイル変換:マネーパネルをミサイルへと変換
バイオ戦争:一定ターン数の間、敵にダメージ付与
核爆弾:表示されているタイルを全て新しいタイルに入れ替え

MODS(サポートアイテム)
ボーナス:8個以上の連鎖をすると追加効果発動
ベースチェイン:追加の連鎖
ファンディング:毎ターン、マネーが追加
スペード:戦術の使用コスト減少
ハート:ヘルスメーターの最大値上昇
シールド:敵のヘルスメーター減少
偵察:毎ターン、レーダーのボーナスメーターを加算
クローバー:敵パネルへのダメージ増加
ダイヤ:ヘルスメーター満タン時はヘルスパネル獲得でマネーを加算
雷:12個以上の連鎖でパワーアップアイテム出現
星:ステージクリアで追加クレジットを獲得
二重丸:ステージ開始時にマネー加算

映画のほうは見たことがありませんが、映画の内容に沿ったゲーム内容のようです。マッチ3パズルで連鎖をしていきながら敵を攻撃していきます。操作のほうは多少ドラッグでもたつく時がありますが、概ね良好なほうでしょうか。難易度イージーであればかなりサクサクとゲームが進行していきます。戦術やMODSの強化にお金が必要なのでクリア済みステージの再プレイは必要不可欠ですが、パネルの配置が毎回変化するので飽きがきにくいものだと思います。

大昔のパソコンの画面風のグラフィックとでも言えばいいのでしょうか。見た目からいきなりとっつきにくそうな雰囲気になっちゃっています。これも映画の雰囲気を活かす演出なのでしょう。背景が黒地でパネルなどはネオン風のデザインになっており、非常に見やすいものとなっています。効果音なども雰囲気の演出に一役買っています。

古い映画の公式ゲームですが、ゲーム内容は古臭くはありません。マッチ3+ストラテジーやRPGの組み合わせはPuzzle Quest 2Dungeon Raidなどで試されていますが、このゲームも上手くいった好例になると思います。12個ずつ用意されている戦術とMODSの組み合わせを考えながら進めていかないといけないので、なかなか悩ましいゲーム性となっています。頭使って戦略や戦術を考えるタイプのゲームが好きであれば面白要素は多いのではないでしょうか。何通りもの勝ちパターンが存在していると思うので、戦術の組み合わせなど自分なりの必勝法を考えていくのが最大のお楽しみポイントになると思います。

「映画の公式ゲーム」というと、名前に依存してしまってゲームとしては「う~ん」といったものが多いのですが、映画を知らない人でも楽しめる中身に仕上がっていると思います。映画、WarGamesを見た人は勿論ですが、ただ消しまくっていくだけのマッチ3ではなく、戦略性の高いマッチ3パズルが好きだったり、Puzzle QuestやDungeon Raid的なゲーム性が好きな人であれば楽しめる可能性は大でしょう。暇つぶし用途にも合いますし、夢中になってやり込むのにも適しているのではないでしょうか。ちょっと複雑なルールさえ覚えてしまえば、難易度イージーは多くの人がクリア出来る程度の難易度だと思います。Puzzle QuestやDungeon Raidのようなダークな世界観ではありませんが、英語のみのゲームなのでとっつきにくい面があるのは否めません。

+ポイント
戦略性 奥深さ 映画の世界観に沿った内容

ーポイント
日本語対応ないのでルールがわかりづらい 操作性に向上余地あり

評価点:

84
/100

英語圏主要メディアのレビュー点数

該当無し

カスタマー評価

90:AppStore(US)
90:AppStore(GB)

このアプリをダウンロードする



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top