Home > レビュー記事 > レビュー > レビュー:Chop Chop Ninja

レビュー:Chop Chop Ninja

chopnin.png ゲーム性:★★★★★
 サウンド・グラフィック:★★★★☆
 やりこみ要素:★★★★☆
 操作性:★★★★☆
 評決:82/100

アプリ名:Chop Chop Ninja
デベロッパー: Gamerizon
ジャンル:アクション
レビュー時の価格:¥115
レビューしたバージョン: 1.6
日本語対応:×
コメント:マリオ好きならかなり楽しめるはず。欧米人がイメージする「日本風」の世界観もネタとして使えそう。とっつきやすく、遊びやすく仕上がっている。ライトゲーマー向けかな。

+ポイント
英語がわからないライトゲーマーでもとっつきやすい
慣れが必要だが、簡単で直感的な操作とアクション
マリオ的ゲーム性
遊びやすさ

-ポイント
無限1UPみたく裏技的なものがあればもっと良かったのに・・・
chop1.jpg
忍者+日本っぽい世界観の横スクロールの2Dアクションゲーム。「Kill Bill」とかのように、欧米人のイメージする「日本風」を描くとこうなるって典型の世界観です。日本というよりアジア文化ごちゃまぜになっているので、日本ユーザーには違和感あるかもしれません。「ハチマキの運ってなんだよ」、「IRO-SAN(イローさん)って名前なんだよ、せめてICHIRO(イチロー)にしろよ」と突っ込みたくなりますが、日本人がイメージする「欧米風」も欧米人にとっては違和感あるだろうからお互い様ですね。タイトル画面のフォントは、欧米人がアジアの雰囲気出す際に良く使うデザインです。グラフィックもそんな調子で、お姫様は黒柳徹子っぽく見えてしまいます。「豚足」ってタトゥーを入れちゃう勘違い外国人もいるので、この辺はもう笑ってあげるしかありません。

開発はGamerizonというカナダのモントリオールを拠点とする会社です。同社のChop Chopシリーズはミリオンダウンロードを連発しているのですが、シリーズ中最多のダウンロード数を誇るのがこのChop Chop Ninjaです。累計で340万ダウンロードらしいので、驚きです。もちろん無料版も込みでの数字ですが。


海外のサイトを見ると、欧米のユーザーが「iPhoneでマリオやりたい、任天堂プリーズ」みたいなコメントを無茶苦茶多く見かけます。ただ、任天堂がAppStoreで自社コンテンツを展開する確率ほぼ0%ということで、任天堂の有名ゲームのクローンを展開という戦略も取れるんですよね。Chop Chop Ninjaはたぶんそういった流れで開発されたっぽいです。自分でプレイしてて真っ先に頭に浮かんだのは・・・そうマリオです。なんだか知らないけど石にされてしまったお姫様(英語表記だとエンペラーの娘)を助けるストーリーや、コインを取っていくゲーム性、横スクロールアクション等々、かなりマリオを意識して作ったんだろうなという印象です。


さて、このChop Chop Ninjaですがゲーム開始時に割と親切なチュートリアルがあるので、英語が苦手な人でもすんなり始められるとは思います。レベルの合間に四コマ漫画的な演出が挿入されていますが、ここは多少英語力が必要かもしれません。

chop2.jpg
基本操作はタップのみとなります。バーチャル十字キーやABボタン無しの直感的なUI設計なので、操作はしやすいのですが、マリオの操作に慣れきってしまった人は慣れるまで多少時間がかかると思います。慣れれば結構快適ですね。賛否両論あると思いますが、タッチパネルなのでアクションゲームには向かないと言われるiPhoneのUIを考慮した上で設計している点は評価に値すると思います。壁を蹴り上げながらジャンプしていったり、2段ジャンプが出来たりと忍者というモチーフを生かしたアクションも可能になっています。

レベルは全部で10用意されています。レベル開始時には師匠からミッションの説明があります。各レベルをクリアするといろんなアイテムをゲットします。石になったお姫様を助けるのにエリクサーを精製しなくてはならないのですが、このエリクサー精製に各アイテムが必要となってきます。レベル1-1ではコスギ軍(ショーンコスギから取ったな)を倒して、酒をゲットするのが目的となります。コインがあちこちに配置されているのでなるべく取っていくようにしましょう。コイン100枚で1UPです。

各レベルの途中には数箇所のCheck Pointというセーブポイントがあります。レベル中にIROが強敵にやられると、このCheck Pointからの再スタートとなります。強敵にやられるまでに倒したザコは出現しなくなるので、再スタートになってもそれほどストレスは感じません。また、レベル中で忍術を覚えたりもします。忍術を覚えると、火の玉で敵を攻撃したり、無敵状態になって敵の蹴散らしたりなどが出来るようになりますが、一定時間経過後に効果は消えてしまいますので注意が必要です。レベル中にIROが全滅してしまうと、ゲームオーバーとなり各レベルの一番始めからコンティニューとなるので、レベル中に1UPさせたりして全滅させないようにしましょう。

chop3.jpg
一度クリアしたレベルでも、意外な場所に隠されているマスクを集めたり、コインを全て集めてみたりとやりこみ要素もあります。OpenFeint(オープンフェイント)というネットワーク対応アプリなので、友達とハイスコアを競ったりも可能です。

マリオ系の横スクロールアクションが好きであればかなりおすすめです。直感的なゲーム設計なので、ライトゲーマーでも理屈抜きで十分楽しめると思います。日本ユーザーには欧米人の目から見た「日本風」の突っ込みポイントを探すのも楽しめる内容かと思います。



Scroll To Top