Home > レビュー記事 > レビュー > レビュー:Real Boxing

レビュー:Real Boxing

Real Boxing 開発: Vivid Games
レビューしたバージョン: 1.0.2 日本語対応: ×
ジャンル: アクション 対応機種: ユニバーサル
レビュー時の価格: ¥450+アプリ内課金 レビュワー: Gee7

プレイガイド (画像をクリックすると拡大表示されます)
タップとスワイプの直感操作で楽しめるボクシングゲームです。画面右側の操作で右腕、左側で左腕を使います。画面タップでジャブ&ストレート、上スワイプでアッパー、横スワイプでフックを打ちます。画面左下のボタンでブロック、右下でドッジとなります。体力ゲージが残り少なくなるとドッジボタンの横にクリンチボタンが出現します。相手にクリンチして、画面タップすることで体力を回復します。相手の攻撃をくらい、ダウンしても画面タップで立ち上がることが出来ます。プロフィール画面ではキャラクターの詳細なカスタマイズが出来るようになっています。国籍、グローブやシューズの色、髪型、肌の色、刺青、ヒゲなど自由自在です。

   

クイックファイト、キャリア、マルチプレイ、ジムの4つのモードが楽しめます。基本はキャリアをこなしながら、ジムで練習を積み、チャンピオンを目指す流れになると思います。ジムではパンチ力、スタミナ、スピードを鍛えることが可能です。キャリアモードで数試合戦わないとジムでの練習が出来ませんが、キャッシュを使って強化することも可能となっています。キャリアモードでは3つのトーナメントを戦っていきます。

 

解説
タッチスクリーンで一般的になりつつあるスワイプアクション系のボクシングゲームとなります。実際に遊んでみると基本的な「ボクシングしている感」は感じられるものとなっています。格闘技好きなので、期待感を持ちすぎたのは否めませんが、事前の期待感を差し引いても、もうちょっと細かい部分まで掘り下げて欲しかったと素直に思います。



乱打戦など「ボクシングしている感」はあるもののリアルとは言い切れないのかなというところです。カウンターが実際に難しいのと同様、ゲームでもカウンターのタイミングを取るのは難しいのは理解出来ます。ただ、相手がパンチを打ってこようとなんだろうとこちらが打ったパンチに操作が反応しきれていない感が非常に強いものとなっています。体力ゲージの下のゲームが満タンでないとパンチが効かないという設定で、駆け引きとタイミング勝負だということもわかっているものの、実戦の動きとはちょっと違うかなと思います。何が物足らないかというと、フットワークが使えないところでしょうか。蝶のように舞うことが出来ないのはちょっと寂しい気がします。ジャブとストレートの使い分けももうちょっとなんとかして欲しかったものです。



ボクシングのマッチメイクも現実的にはあまり力の差がない者同士で戦う場合が多いのですが、シングルプレイのキャリアモードでは結構力の差がある対戦相手と戦わざるを得なかったりします。ボクサーのデータが少ない故にこうなるのだと思いますが、もうちょっとバランス的にやりようがあったと思います。グラフィックは綺麗なものの、パンチの軌道が微妙だったりします。ボイスオーバーも入っていて雰囲気を盛り上げるのに貢献しています。ロッキー的なストーリーを追加すればさらに世界観に深みが増したと思いますが、ストーリーは一切ありません。



リアルボクシングというよりは、ちょこっとリアルボクシングといった感じなので、手軽に直感操作でボクシングゲームを楽しみたければアリではあると思います。「リアルなボクシング」に対して期待感を持ちすぎていたり、ボクシングに一家言持っている人にとっては不満点がそこかしこに出てくるとは思います。ただXBOXではなく、iPhoneでここまで仕上げたことについてはそれなりの評価に値するのかなと。ものすごくがんばった感も伝わってきます。細かい点に目をつぶれば十分「ボクシングしている感」は感じられるものでしょう。相手をKOした時にかなりの爽快感を感じられると思います。「能書き」なしに楽しめる類のゲームだとも思うので、新鮮味のあるスワイプアクションゲームを探しているのであれば十分候補になりうる1本ではあります。続編を検討しているのであれば、ぜひロッキーの権利を取ってReal Boxing: Rockyとか手がけてもらいたいものです。



攻略情報(攻略ヒント)
相手が自分より強くても試合の運び方次第で勝機はあります。楽しいわけではありませんが、相手の攻撃に耐えて、的確にパンチを当てカウンターを狙えば倒せたりします。ケンカ下手の人がそうするようにむやみやたらにパンチを繰り出すのではなく、効果的にパンチを出していけばKOにつながると思います。特に相手が両手を下げてグロッキー状態の時は確実に仕留めましょう。

カウンターで仕留めるにはドッジのタイミングをパーフェクトにして、スローモーション状態でパンチを入れないとなりません。タイミングはもう体で覚えるしかないので、実際のボクシング同様反復練習をこなして覚えましょう。

+ポイント
グラフィック サウンド ボクシングしている感 能書き抜きに楽しめる

ーポイント
リアルとは言い難い ボクシング好きには不満点も

評価点:

78
/100

英語圏主要メディアのレビュー点数

90:TouchArcade
90:148Apps
80:TouchGen
60:Pocket Gamer
50:GameZebo

カスタマー評価

70:AppStore(US)
60:AppStore(GB)
60:AppStore(JP)

このアプリをダウンロードする



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top