Home > 特集・攻略 > 攻略 > Worm Run攻略ガイド:スワイプ操作は最小限かつ的確に

Worm Run攻略ガイド:スワイプ操作は最小限かつ的確に

レビューでお伝えしたように、まずはこのゲーム独特の操作性に慣れるしかありません。コース上に存在する小さな凹凸や、邪魔な障害物に引っかからないような操作を身に付けましょう。焦らず冷静に最小限の操作で移動できるように、以下のことに気をつけてみてください。

 

壁ジャンプのやり方

Worm Run 011

真上に壁ジャンプで登っていくには、まず壁にへばりついた状態で斜め上に一度スワイプし、隣の壁に接地しジャンプの頂点に達したら反対の斜め上に入力、接地したらまた斜め上といった具合にリズミカルに出せるようにしましょう。何度もスワイプしても2回目以降のジャンプは推進力がかなり弱まってしまうので、壁に接地して常に燃料がMAXの状態で一度だけジャンプをするようにしましょう。燃料は壁に接地すると一瞬でMAXまで回復します。

 

 

三角とびを狙う

Worm Run 002

一度のジャンプでは登れないような微妙な高さのある場所は、燃料がなくなるまでジャンプを繰り返してもいいですが、かなりタイムロスになってしまうことがあります。遠回りになるかもしれませんが、逆側の壁に一度着地して三角とびの要領で登っていくと、推進力が失われず結果的に早く移動することができます。

 

 

難度の高い狭い通路の進み方

Worm Run 003

下に狭い通路があってなかなか降りられない場合は、スワイプを何度もしてしまうと余計降りられなくなるので、まず通路の横にいる状態で一度スワイプしてゆっくり前進します。通路の真上にキャラクターが来た時に下にスワイプすると、スッと下に降りることができます。下降中に下スワイプをすることで下降スピードを上げることができますが、あまりに狭いと壁にぶつかって速度が落ちてしまいます。そういう場合は何も操作しないことで、徐々に下降速度が上がるのを待つほうが良い場合があります。

 

Worm Run 004

狭い通路が横にある場合は、一度垂直に通路より高くジャンプします。そして下降している時にその通路めがけて一度だけ横スワイプという感じで、スナイパーのごとく冷静に狙いを定めましょう。時間はかかりますが、何度もスワイプして余計にタイムロスになるよりだいぶ早く進めるはずです。

 

 

Gルビーの効率的な入手方法

Worm Run 005

操作のコツが分かってくると、プレイヤーの腕次第でかなり距離が伸ばせますが、それだけではクリアは厳しいでしょう。よって、次からはGルビーを使ったアイテム強化やドロップアイテムの取捨選択などについて見ていきます。このゲームはキャラクターが小さいので、ステージ上のGルビーを全て回収して進んでいくのは事実上不可能になっています。3割程度回収できれば上出来という感じなので、無理して取りにいく必要はありません。ただGルビーの大きな塊を見つけた時は是非取りにいって下さい。効率よくGルビーを入手するために、まずマグネットのアンロックと強化が必要でしょう。

 

 

お勧めのアイテム

Worm Run 006

Worm Run 007

序盤は爆弾も有効ですが、中盤からはより威力を発揮するスカンクジュースやパワードリルが有効です。特にパワードリルは強化すると、距離もGルビーも同時に稼げるのでお勧めです。コーヒーは序盤のみ有効で、寺院辺りでは速度が速すぎて狭い通路が通りにくくなってしまいます。強化すると寺院のトゲの即死は免れますが、狭い通路で立ち往生して結局ワームに追いつかれてしまうことになるでしょう。ブロック to Gルビーの購入は、稼ぎプレイには有効かもしれませんが、重要な足場を崩してしまい死に直結するのであまりお勧めできません。使えるアイテムとしてマグネット、パワードリル、スカンク辺りがお勧めです。

 

Worm Run 008

ワープトンネルは余裕があれば購入していきましょう。ただし、一つ目から順番にアンロックする必要があるため、三つ目の寺院をアンロックするにはかなり稼ぎプレイが必要になるでしょう。

 

 

最長距離を出すには

Worm Run 009

プレイヤーは、その回のプレイ最中に取得したGルビーを消費して、資金が許す限り何度でも復活できます。復活は150Gルビーから始まり、二回目以降は150ずつ足されていきます。赤に比べて5倍の価値がある青いGルビーが出るくらい進んでいるなら、積極的に復活してみましょう。最長距離を目指す場合は、ワープトンネルは使用せずマグネットで序盤からGルビーをできるだけ多く集め、可能な限り復活してを行い距離を稼ぎましょう。

 

 

まとめ

アイテムである程度腕はカバーできますが、最終的に距離を出すにはやはりプレイヤーの腕にかかっています。上達するには焦らず的確なスワイプ操作を覚えることが第一です。最小のスワイプ回数で壁ジャンプが出来るようになれば、さらにコースを先読みして最小のジャンプ回数で済むような導線をイメージしてプレイしましょう。上手くなればなるほど、指を酷使しないスマートなプレイも可能になってきますので、序盤で投げ出さずチャレンジしてみて欲しいです。

 

関連記事:
レビュー:Worm Run

 



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top