Home > レビュー記事 > レビュー > レビュー:Ninja Striker!

レビュー:Ninja Striker!


アプリ概要

Ninja Striker!
ninjastrikericon
開発   :Rogue Ninja
ジャンル :アクション
対応機種 :iPhone / iPod touch / iPad 互換
日本語対応:○
レビューしたVer :1.00
レビュー時の価格:0
レビュワー   :Gee7

動画

プレイガイド

プレイガイド
仮想パッドを使わないタッチスクリーンならではといった感じの横スクロールアクションです。レトロなのはグラフィックだけでなく難易度的な部分もレトロ風(=割と骨太)となっています。

ninjastriker 002
操作ですが、画面上の任意の位置をタップすることで忍者が回転攻撃しながら移動します。移動後は惰性のまま落下しますが、空中で再度画面をタップすることでもう1回だけ回転攻撃が可能となっています。敵をタップで攻撃です。

ninjastriker 010
画面上に表示される敵を連続でタップしていくと連続攻撃となります。敵を攻撃し続けることで足場がない場所でも空中移動出来るよう配慮されています。

ninjastriker 029
ステージ中に落ちているゴールドを集めて装備を強化することが出来ます。装備強化でハートマークで表示されている体力や、回転攻撃の回数を増やしたり出来ます。

ninjastriker 001
各ステージの最終面はボス敵とのタイマンです。ステージ数は20以上となっています。ゴールドはアプリ内課金にで別途購入も可能です。

 

解説

解説
ninjastriker 006
iPhoneのアクションゲームに対して、「仮想パッドやボタンやらiPhoneの小さい画面に詰め込みすぎて逆に遊びづらい」という不満を持っている人は結構多いと思います。自分もその中の一人です。本作を開発したQ-Cumber Factoryの開発者さんも同じような不満を持っていたようで、タッチスクリーンならではといった操作感を実現しています。タッチスクリーンで遊ぶアクションゲームの操作方法という点では、これまでにもChop Chop Ninja(レビュー)やMajor Magnet(レビュー)で新たな試みが行われています。本作もそうした新しい試みに挑戦している1本となります。自分もそうでしたが、アクションゲーム=仮想パッドありきということが刷り込まれていると、最初は操作方法に戸惑う可能性大です。戸惑いながらも遊び方のコツを覚えてしまえば、かなり快適に遊べるように工夫されていることに気付くと思います。

 

ninjastriker 012
開発者さんの言葉を借りると、「タッチパネルによる操作を生かした独自の操作システムを採用することで、今までにないスピード感あふれる忍者めいたアクションが楽しめる」とのことですが、確かにスピード感あふれるゲーム内容となっています。矢印が書かれた場所へと移動すると、あとは自動的に忍者が動き回ってくれるなど簡素化出来る部分は簡素化して、快適なプレイ感を実現させた裏には用意周到なゲームデザインがあったことが垣間見えます。簡素化した部分があるからといってゆるいだけのゲームにもなっていません。難易度は結構歯応えがあるものでしょう。特に流行りのゆるいゲームに慣れきっていると、堅焼きせんべいくらいの噛み応えかもしれません。

 

ninjastriker 016
レトロというのがキーワードになっているようで、グラフィック、プレイヤーを突き放した感じの難易度、チュートリアルなしなどもいわゆるレトロチックなものとなっています。「昔は良かった」的なことを言うつもりはありませんが、ゲームが楽しかった時代への郷愁は皆それぞれあるのでしょう。そういった郷愁を感じる人であれば共感する点が多そうなゲームでもあるかと思います。わかる人にしかわからない表現は避けたいのですが、ソニックに共通する爽快感があると思います。そういうこともあってかリリース直後にいきなりアメリカの無料ゲームランキングで100圏内にランクインしたりもしていました。日本人の個人開発者製のゲームがそこまでいくのはそうそうないことらしいです。

 

ninjastriker 026
iPhoneならではという操作感を実現し、上手にまとめ上げている点は賞賛に値するのですが、当然ながら不満点もいくつかあります。まず、ゲーム開始時にチュートリアルがないのはツラすぎます。既存の操作方法ではないだけに、初めて遊ぶ人への配慮が足らないと言わざるを得ません。数十分にも及ぶムービー鑑賞を強制させられたり、どれだけお馬鹿な人を対象としているのか理解に苦しむような必要以上に親切丁寧なチュートリアルが延々続くのもいかがなものかと思います。ですが、ある程度基本的な遊び方を説明するのは必須かなと。Q-Cumber Factoryの公式サイトには遊び方説明があるのに、ゲーム中にないのはいただけません。仮想パッドによる汎用的な操作方法であればまだしも、独自の操作システムを採用しているだけに基本的な遊び方の説明がないのはかなり不親切感を感じてしまいます。

 

ninjastriker 001
ステージ1のボス敵の強さももうちょっと考えても良かったのかなと思います。操作に慣れていない内にステージ1のボスは強すぎるかもしれません。課金へと誘導する導線なのかどうかはわかりませんが、ステージ1のボス敵と比較するとステージ2や3のボス敵が弱すぎる気がしました。プレイヤーが装備をどう強化して成長していくかを予測すればボス敵の登場順も違ったやり方があったような気がしてなりません。攻撃した際に画面が激しく揺れるはアクションゲーム遊んでるんだよという演出でしょうが、必要以上に目が疲れやすい演出であり、余計なストレスになってしまっているかと思います。

 

ninjastriker 024
iPhoneの仮想パッドアクションゲームに対して不満を感じているのであれば、一度試す価値はある1本かなと率直に思います。見方によってはカジュアルゲームの新しい提案と言えるかもしれません。新しい操作方法を取り入れるのは開発者にとって冒険でもありますが、その冒険はある程度成功したと言えるのではないでしょうか。タッチスクリーンのアクションゲームを仮想パッドで誤魔化すのはリスクもなく無難ですが、リスクを取ってこれだけのものに仕上げた点は十二分に評価に値すると思います。「ならでは」ゲームを探しているのであれば候補リストの上位にきてもおかしくない1本でしょう。

関連記事:
Ninja Striker! 開発者インタビュー:Q-Cumber Factory
新作インプレッション:FallDown! 2、Ninja Striker!など

レビューまとめ

+ポイント

操作性からくるプレイ感
しっかりした仕上がり具合
目で動きを追えないほどのスピード感
慣れると快適な操作性

-ポイント

基本的な遊び方説明がない
画面のゆれは目が疲れる
ボス敵の強弱に違和感

評価点:  79/100

英語圏主要メディアのレビュー点数

60:PocketGamer

カスタマー評価

90:AppStore(US)
100:AppStore(GB)
90:AppStore(JP)

アプリダウンロード


Ninja Striker!をダウンロード





Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top