Home > レビュー記事 > レビュー > レビュー:DEAD TRIGGER 2

レビュー:DEAD TRIGGER 2


アプリ概要

DEAD TRIGGER 2
deadtrigger2icon
開発   :MADFINGER Games, a.s.
ジャンル :アクション
対応機種 :ユニバーサル
日本語対応:○
レビューしたVer :0.2.1
レビュー時の価格:¥0+アプリ内課金
レビュワー   :Gee7

動画

プレイガイド

s_deadtrigger2 048

画面右側を親指でなぞるようにすることで視点移動、画面左側で実際に移動します。攻撃は自動で行いますが、手榴弾などのアイテムの使用は画面右上のアイコンをタップします。オプションで自動射撃から手動射撃への変更も可能です。

s_deadtrigger2 086

マッチョなスーパーおじさんが一人でゾンビを蹴散らしていくと言う古いゾンビ映画のような設定ではなく、武器に精通した専門家や、軍医などがアジトでプレイヤーのサポートをしてくれるようになっています。アジトのボスとおぼしく技術者をアップグレードすると、アジトにいる仲間全員がアップグレードされ、より上位の武器やアイテムを製造出来るようになります。ミニボスが隠し持っている設計図を全て集めると新たな武器の製造が可能となります。

s_deadtrigger2 043
技術者:技術者をアップグレードすることで、他のメンバーのアップグレードレベル上限が解除

s_deadtrigger2 057
密輸業者:ゴールドで購入可能なアイテム販売

s_deadtrigger2 068
軍医:体力回復などのヘルス系アイテム製造・アップグレード

s_deadtrigger2 080
鉄砲工:武器の製造・アップグレード

s_deadtrigger2 058
エンジニア:ブームチキンなどのサポート系攻撃アイテム製造・アップグレード

s_deadtrigger2 085 s_deadtrigger2 083

ゲーム内通貨はキャッシュとゴールド。ゴールドがアプリ内課金対象通貨となっています。ゴールドはキャッシュに変換することも可能です。お馴染みのTapJoyと連動していて、動画を見たりすることでゴールドを貰うことも出来ます。ゴールドを使うとアジトにいる密輸業者から貴重なアイテムを購入したり、武器などのアップグレードに必要な時間を短縮出来ます。セカンドチャンス(コンティニュー)にもゴールドが必要となります。急いで先へと進みたい人を対象にした課金モデルとなっています。キャッシュのほうは、ステージクリア、レベルアップなどで貰えます。

s_deadtrigger2 004 s_deadtrigger2 026

ストーリーモードとミッションモードがあります。普通のFPSだけでなく、スナイパーになったり、ヘリの上から機銃掃射したりなど、ゲーム性に変化がついています。ミッションもゾンビを規定数倒すもの、仲間を護衛するもの、ゾンビの侵入を防ぐものなど多彩なパターンが用意されています。

解説

s_deadtrigger2 024

ウォーキング・デッドな(レビュー)世界観のストーリークリア型ゾンビシューティング(ファースト・パーソン・シューティング=FPS)、Dead Trigger(レビュー)の続編です。実はプレビューを予定していたのですが、時間の都合がつかなく改めてレビューとさせてもらいます。と言っても、まだそれほどやり込んでいないので、インプレッションに近い形のレビューとなります。開発元のMADFINGERの協力が得られるということであれば(大丈夫だとは聞いていますが)、その辺の情報を盛り込んだ攻略ガイドのほうも掲載予定です。

s_deadtrigger2 007

前作のほうは触った程度なのですが、目につくのはまずグラフィックです。血のようなツバを吐きかけてくるミニボスがいますが、なんともリアルです。本当に目が痛くなってくるようなダメージ感があります。鏡のように反射する水面も結構びっくりするようなリアル感です。ディテールまでこだわったことでウォーキング・デッド的な迫りくるゾンビの危機を、よりリアルに感じられるものとなっています。360度どこからゾンビが襲い掛かってくるかわからない緊迫感はなかなかスリリングです。

s_deadtrigger2 052

操作のほうは自動攻撃ということもあって非常に良好で、ゾンビを蹴散らす爽快感をもたらしてくれていると思います。自分がそれほどタッチスクリーンの操作が上手くないということもあるのでしょうが、どうもこれまでのFPSは遊びづらいと感じるものが多かった気がします。視点変更をちまちまして狙いを定めて撃つという流れなので、どうしても操作が3段階になってしまうものばかりでした。自動攻撃になったことで、画面右側を使い狙いをつけ、左側で距離を調整するだけで、あとは自動的に攻撃してくれるという操作方法は多くのカジュアルプレイヤーに受け入れられるものでしょう。遊びやすいです。無課金という前提だと、ストーリーモードを進めるためにミッションモードを何十倍もプレイしなくてはならないようになりますが、ミッションモードのほうは1プレイ数分で遊べるように設計されていて、自分のように空き時間を使ってちょいちょい遊ぶというスタイルにビタハマりする仕様となっています。

s_deadtrigger2 050

課金圧力の部分は結構入念に設計されていると思います。まずアジトで技術者をアップグレードしないと、他のメンバーのアップグレード上限が解除されません。武器をアップグレードしようとすると、技術者をアップグレードしてから鉄砲工をアップグレード、それからやっと武器そのものをアップグレードという面倒な流れになります。そこまでしてさらに武器自体のアップグレード完了まで時間がかかります。「待てない」人であれば課金圧力は強いものと感じる可能性は高いでしょう。¥1000で1000ゴールドなので、キャッシュに両替すると30万キャッシュになります。¥2000だと2400ゴールド=72万キャッシュなので、ミッションをちまちま遊んでキャッシュを貯めるのが面倒であれば、大体¥2000もあればしばらくストレスフリーで遊べるのかなといったところでしょうか。高いか、安いかは人それぞれの価値観次第となります。

s_deadtrigger2 003

ただ、Gunner Z(レビュー)などがそうだったように、「待たされる時間のほうが長い」というわけではなく、ミッションモードでお金稼ぎや設計図集めをして、待ち時間の間も楽しめるように配慮されている点は評価すべきものかと思います。基本無料という形でこれだけ手がかかった作品を遊べるだけでもすごいことだと感心してしまいます。その上で、さらにプレイヤーを待たせない工夫もされているので、武器のアップグレードに時間がかかるというマイナスは相殺されてしかるべきのバランスだと思います。お金を使えば使うほど強くなれるという特殊な武器もないようなので、全プレイヤーに対して公平というゲームデザインも評価したくなる点です。

s_deadtrigger2 081

まだアフリカなので、それほどやりこんでいない時点でのレビューも気がひけますが、いくつかまだ調整が必要と思われるところもあります。日本語対応は勿論嬉しいのですが、テキストの表示スピードが早すぎて、アジトの仲間が何を言ったのか拾いきれない場合が多々あります。ローディング中の画面下部もなにかしらのテキストを表示される枠だと思いますが、時折Dead Trigger 2という文字が表示されるだけです。ゲームに役立つヒントなどを表示してくれる部分だと思うので、要調整です。開発元のコンセプトが、「携帯端末で無理なく遊べるカジュアルなFPS」というものであれば、難易度は一番下の簡単(イージー)でも高めでしょうか。コアな人達ではなく、普通のゲーム好きな多くの人達を対象としているのであれば、もうちょっと難易度調整したほうがいいかもしれません。なにはともあれ、プレイヤーとしてまずは全てのミッションを簡単(イージー)から始めるのは鉄則でしょう。

s_deadtrigger2 065

ゾンビ相手のFPSという点ではありがちなジャンルと言えますが、見た目は家庭用並みの本格派FPSだけど、操作性やプレイ感はカジュアルな携帯ゲームという一見相反するものを両立させているゲームと言えるでしょう。ストーリーモードで火力不足、自分の力量不足から詰まってしまって武器のアップグレード待ちでも、ミッションモードの多彩なミッションに挑むことで飽きさせないようになっています。良好な操作性からくる爽快感は非常に高いものとなっています。完成度的にはまだ残り5%とか10%の発展余地があるものの、そこは今後対応してきてくれるでしょう。ストアの中にある無数のゾンビシューティングの中では、ワンランク上なのは間違いないと思います。

s_deadtrigger2 059

なによりこれが無料というのがスゴイというか、時代の流れを感じさせられるものです。ロビオなんかもそうですが、従来であれば下請で終わっていた会社がどんどん自分達オリジナルのゲームを発表して、元々低コストな開発体制ということもあって価格競争に打ち勝つことが出来る。そういった下剋上があるからこそ、発展もあるんだろうなと。

攻略情報(攻略ヒント)
個人的には、この出来栄えなら¥2000くらい使ってもいいかなと思っているのですが、そこはAppsJPの宿命というか、無課金という前提条件で攻略しないといけないのでツライところです。¥2000くらいなら小遣いの範疇なので、時間を金で買ったっていいじゃんと言いたくもなりますが。MADFINGERの協力なども得て、今後も攻略情報は掲載していく予定ですが、とりあえず序盤で気付いたヒントなど。

フリーミアム仕様ということなので、基本的にどうしても課金圧力はかかってきます。気長に遊び続けるのが一番ストレスフリーな遊び方になるでしょう。無課金でやりこむ覚悟があるのであれば、ストイックにゾンビを倒し続けるしかありません。ストーリーは後回しで、ひたすらレベル上げとキャッシュ稼ぎ&武器強化に没頭しないといけないでしょう。

s_deadtrigger2 070 s_deadtrigger2 084

サプライ・逃走(木箱を特定の場所に運ぶと言う内容)というミッションは、ミッションクリアを自分で調整可能なミッションとなっています。これを逆手に取ってと言うか、最後の木箱を取ったら、指定場所に運ぶのをあえて保留し、湧いて出てくるゾンビどもを蹴散らします。ゾンビを倒せば倒すほどキャッシュを回収出来るので、弾が尽きるまで撃ちまくりましょう。スパナなどの近接武器しか使えなくなったらミッションクリアすればいいだけです。これで、1ミッションにつき2000キャッシュとかを回収出来るようになります。キャッシュ回収という点においては、時間がくれば終了とかいう他のミッションを何度も繰り返すよりは、多少楽かもしれません。

キャッシュは貴重なので、近接武器のアップグレードなどに使うのは非効率かなと思います。前述したように、武器をアップグレードするには、技術者→鉄砲工→武器と3段階でキャッシュが必要になってくるので、なるべくメインとなる武器を集中的にアップグレードしていったほうがいいかもしれません。結構骨折れますけど。

s_deadtrigger2 006

ミニボスはそれぞれに一定の攻撃パターンがあります。慣れないうちは苦戦するでしょうが、慣れてしまえば、動きを見切って効果的な攻撃が出来るようになります。ミニボスが出現したらなるべく広い場所での戦闘が楽かと思います。

関連記事:
DEAD TRIGGER 2(デッドトリガー 2)攻略ガイド:巨大ゾンビ撃破までのお金の貯め方と使い方
DEAD TRIGGER 2(デッド・トリガー 2)攻略ガイド:ミッションの種類
DEAD TRIGGER 2攻略ガイド:ミニボスの倒し方

レビュー:Dead Trigger
MADFINGER Games直撃インタビュー:Dead Trigger 2は10月23日リリース
SHADOWGUN 開発者インタビュー:MADFINGER Games

レビューまとめ

+ポイント

これで基本無料
スナイパーや機銃掃射など変化のあるゲーム性
グラフィックの本格派感と操作性などのカジュアル感の両立
良くいえばやりこみ要素

-ポイント

キャッシュ貯めは結構大変
難易度高め
悪く言えば繰り返しプレイ

評価点:  83/100

英語圏主要メディアのレビュー点数

70:Pocket Gamer

カスタマー評価

80:AppStore(US)
80:AppStore(GB)
80:AppStore(JP)

アプリダウンロード


DEAD TRIGGER 2をダウンロード





Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top