Home > レビュー記事 > レビュー > レビュー:リトライ (RETRY)

レビュー:リトライ (RETRY)


アプリ概要

リトライ (RETRY)
retry
開発   :Rovio Entertainment Ltd
ジャンル :アーケード
対応機種 :ユニバーサル
日本語対応:○
レビューしたVer :1.4.3
レビュー時の価格:¥0+アプリ内課金
レビュワー   :Samkaze

動画

プレイガイド

retry_01
ほとんど操縦できない飛行機を何とかゴールまで飛行させるアーケードゲームです。

 

retry_02
各レベルのスタート地点からゴール地点までぶつかる事なく完走できればクリアとなります。

 

retry_03
操作方法は至って簡単!画面タップによる飛行機の加速だけです。

 

retry_04
加速し過ぎると飛行機は回転軌道を描いてしまいますが、それも1つのテクニックだったりします。

 

retry_05
課金もしくはレベル内で手に入れたコインを使い、チェックポイントを開放する事ができます。開放済みのチェックポイントを通過した上でゴール前にぶつかった場合、そのチェックポイント(通常はスタート地点)からのリスタートとなります。

 

retry_06
いくつかレベルを進めるとボスレベルが登場します。極端に難易度が上がるため、ボスレベルを無視して回り道をするといった手段も有効です。ただし、回り道レベルは挑戦するまでにある程度の建設時間を必要とします。

 

retry_07
チャレンジレベルではゴールを目指さず、どこまで飛ぶ事ができるか競います。他のレベルと違い、1日毎に挑戦回数が定められているため、注意が必要です。

 

retry_08
レベルをクリアした際の星を集め、どんどん新しいエリアを開放させていきましょう!

 

解説

retry_09
ビューン、くるくる…ガシャン!スロットルしか機能しないポンコツ飛行機を操縦?してゴールを目指すゲーム、それがリトライ (RETRY)です。Angry Birdsで有名なロビオ・エンターテインメントが理不尽な難易度で人気を博したFlappy Birdに目を付けてしまった!?事で実現したスクロール型のフライトゲームとなっております。飛行機を操縦するゲームなのに空を自由に飛べないフラストレーションで即アンインストールかと思いきや、ついつい何度もチャレンジしたくなる魅力溢れる作品だったりします。

 

―パイロット「管制塔!管制塔!操縦ができませんッ!!」
Flappy Birdはジャンプを手動、前進を自動で行うため、操作するボタンが1つというのも頷ける話です。リトライ (RETRY)も操作方法としては加速だけなので、同じくボタン1つとなっております。しかし、Flappy Birdでいうジャンプどころか前進も手動だから凄い。…何が凄い?理不尽さが凄いんですよ!!上に下にコースが延びているのに、使えるボタンは「加速だけ」なんですよ!?操作方法はシンプルでも、実際の操作が易しいとは限らない事例の1つですね。まさにリトライ地獄。しかし、最初こそ操作方法にプッツンしそうな感じですが、慣れてくれば加速具合の調整で狭い隙間を難なく通過できたり、回転を使ったテクニックで垂直に延びた部分をあっさり突破できたり、あれだけ飛べないと思っていたポンコツ飛行機が驚くほど飛ぶようになるから不思議です。人の力って恐ろしい…。理不尽な難易度だからこそ、それを克服した時の達成感も大きいと言いますが、これほどの充実感、達成感が味わえる作品はそうそう見つからないと思いますね。
retry_10
「適度な」とは言わない…素直に難しい!!

 

―難易度を選ぶ自由
レベルの距離次第ではスタート地点からゴール地点まで集中力が持たない、なんて事もあるかと思います。そんな時に嬉しいのがチェックポイントです。チェックポイントは途中でぶつかった場合のリスタート地点をそのチェックポイントからにしてくれる頼もしい施設ですが、開放するにはコインが必要となります。一度開放したチェックポイントは以降コインを必要としませんが、開放済みのチェックポイントとしてそのレベルに情報が残ってしまうため、それが嫌な場合は開放しないで進む他ありませんね?…何が言いたいのかというと、手堅く確実に歩を進めていきたい堅実派の方も、一切妥協せずに激ムズ難易度を味わいたい方も、それぞれのやり方で楽しめるという事です。それでいてスーファミ時代を彷彿とさせるグラフィックやBGMによる雰囲気作りも申し分無く、理不尽なゲームでありながら、それなりの自由度と魅力に満ち溢れた作品となっています。
retry_11
それぞれの楽しみ方で遊び尽くそう!!

 

悪い点を挙げるとすれば、それは「エリア移動時の新鮮味の無さ」でしょうか。ある程度の間隔で新エリアが出現するにしても、初っ端から草原エリア→雪山エリア→草原エリア→雪山エリア…の繰り返しでは気分転換にもなりません。そこはせめて3、4種類エリアを出現させたところでローテーションするようにして欲しかったですね。それでも、ボスレベルでは白熱の専用BGMが流れたり、チャレンジレベルでは通常と違った楽しみ方が味わえたり、作業感はほとんどないと思います。最初こそ敷居は高いですが、それを越えた先の面白さをぜひ味わってもらいたい、そんな作品でした。

 

レビューまとめ

+ポイント

操作方法に慣れていく充実感
難しいレベルをクリアした際の達成感
気分良くレベルに取り組めるグラフィックとBGM

-ポイント

慣れるまでの難しさ、敷居の高さ
草原、雪山エリアの交互出しによる新鮮味の無さ

評価点:  86/100

英語圏主要メディアのレビュー点数

90:Gamezebo
90:Pocket Gamer

カスタマー評価

80:AppStore(US)
80:AppStore(GB)
70:AppStore(JP)

アプリダウンロード


リトライ (RETRY)をダウンロード





Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top