Home > レビュー記事 > レビュー > レビュー:ダークブラッド

レビュー:ダークブラッド

動画

プレイガイド

darblo_01
魔王の子孫として不死の能力を持つ主人公が魔窟と化したダンジョンに単身で挑むカードゲームです。

 

darblo_02
ダンジョンは10m進む毎に何かしらのイベントが発生します。どういった行動を取るかはユーザーの気分次第です。

 

darblo_03
モンスターと遭遇した場合は戦闘になります。中央に並べられた攻撃、回復、防御といった行動を司るカードの中から選択して使用するか、消耗品を使用、もしくは装備品を変更する事でターンが消費され、モンスターの左下に表示されている数値が0になるとモンスターから攻撃を受けます。

 

darblo_04
カードはそのまま使用する事もできますが、同じ種類かつ同じ数値のカードを重ねる(合成する)事で数値が上がり、効果も強くなります。

 

darblo_05
同じ種類のカードを3枚(数値は問わない)以上同時に使用する事でスキルが発動します。スキルの効果は武器3種、魔法、回復、防御のカード毎に異なります。

 

darblo_06
装備品によって出現するカードの傾向、出やすい数値が決まっています。回復と防御のカードのみ装備品に記載がなくても出現します。

 

darblo_07
ダメージを受けてHPが尽きると一応はゲームオーバーになります。復活時に魔石(課金アイテム)を消費しない場合はゴールドが半減し、そのステージの開始地点から再スタートとなります。

 

darblo_08
特定の地点には中ボス、ボスが待ち構えています。到達する前にどれだけ装備品を充実させられるか、経験値を稼げるか、カードの質を上げられるかが勝負の決め手となります。

 

darblo_09
亡者の商人は消耗品、装備品の売買を行っています。取り扱っている消耗品、装備品は出会う度に変更されます。

 

darblo_10
鍛冶屋のサイクロプスは魔石を消費する事で装備品を強化してくれます。強化した装備品は名前の後ろに数値が表示(マイナス状態から強化して0になった場合のみ無表記)されます。

 

darblo_11
魔石を消費するタイプの宝箱は商人が取り扱っている装備品より強く、レアな物が手に入りやすいです。

解説

darblo_12
不死鳥が如く、何度でも甦れ!…と叫ばずにはいられない、死んで!死んで!死を積み重ねて強くなっていくダンジョン攻略型カードゲームの紹介となります。本作の軽快に死んでいくスタイルとシンプルな操作性に触発されたわけではないのですが、いつもの長ったらしい前置きは今回無し!さっそく紹介に移りたいと思います。…決して手抜きではないですよ!

 

―死んでるじゃん!
ちょっとしたプロローグを見た後、闇騎士から操作方法のレクチャーを受け、意気揚々とダンジョンに挑むわけですが、宝箱を発見→罠でダメージを受ける、休んでいくか?と聞かれる→盗人でHPを回復できずにゴールドだけ盗まれる、商人と出会う→ゴールドが足りなくて何も買えない、モンスターに遭遇→容赦なく痛烈の一撃を受けて死亡、大抵の方の挑戦1回目はこんな感じで儚く散ると思います。…理不尽!ただただ理不尽!と叫びたくなる無慈悲な難易度に感じられますが、序盤は死亡した際のペナルティであるゴールド半減が無いに等しいため、死亡時のリスクを恐れず、躊躇なく行動できると思います。その何度でも死ねる(失敗できる)状況が、その積み重ねが死んで当然の世界をしぶとく生き抜ける世界に変える瞬間!…その節目までは最低遊んで頂きたい、そこからが本番の噛めば噛むほど味が出てくるスルメゲーとなっています。
darblo_13
選択1つが死に直結する…この緊張感が堪りませんね!

 

―カードの傾向と戦闘スタイル
プレイガイドでも書いている通り、本作は装備品によって出現するカードを偏らせる事ができます。ただし、指輪は魔法や回復のカードを出現させる物しか存在しなかったり、盾は防御力を底上げできても防御のカードの出現率が上がり、結果的に攻撃し辛くなるなど、装備品毎に何かしらの癖があります。物理攻撃に特化し過ぎれば(物理攻撃以外のカードを出現させないために指輪を装備しない=魔法力を上げられない)モンスターからの魔法攻撃に弱くなりますし、手に入れた装備品を片っ端から装備していっても様々なカードが出現する様になり、合成やスキルの発動が困難になってしまいます。しかし、潔く防御を捨ててモンスターが行動する前に倒し切るスタイル、モンスターの行動タイミングで的確に防御を行い、堅実に戦っていくスタイル、防御力と魔法力を上げ、物理攻撃と魔法攻撃どちらが飛んで来てもダメージを抑え、合成したカードで貫通を狙うスタイル、どの戦闘スタイルであってもちゃんと組み上げれば十分にモンスターと渡り合う事ができるため、それぞれの戦闘スタイルに合った装備品を集める、戦闘スタイルを突き詰める面白さもまた本作の魅力の1つと言えるのではないでしょうか。
darblo_14
あなたはどんな戦い方で攻略しますか?

 

…シンプルなカードゲームに戦闘スタイルという拡張性、先へ進む度に正解を求められる緊張感を併せ持つ本作ですが、装備品が揃っていない、戦闘スタイルを決める以前の段階では殆んど運任せになってしまい、その最序盤のモチベーションの上がりにくさが人を選ぶ作品だと私は思いました。しかし、異様なほど高かったモンスターからの痛烈の一撃が出にくくなる、各装備品のカード傾向に微調整が入るといったアップデートを頻繁に行ったり、新たなイベントを追加するといった情報をTwitter上で発信するなど、配信後も面白さを追求していく姿勢に大きく期待できる作品ではあります。今後の展開を含め、気長に待てるスルメゲーが大好きな方はぜひ、ダウンロードしてみて下さい。

アプリ概要

アプリ名:ダークブラッド
ジャンル:カード
開発:Koji Murakami
価格:無料
対応OS:iOS、Android

ダークブラッドをダウンロード


Android app on Google Play

 



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top