Home > レビュー記事 > レビュー > レビュー:Anthill

レビュー:Anthill

コメント:自分の描いた線上をアリが移動しながら巣を防衛するストラテジーゲーム。ディフェンスゲーム好きで新しいもの好きであれば楽しめそう。虫が苦手な人には微妙。忙しいゲームなので、時間に余裕がある時に遊ぶと良いでしょう。

アプリ名:Anthill
デベロッパー:Image & Form International AB
ジャンル:ストラテジー
レビュー時の価格:¥85
レビューしたバージョン:2.0
日本語対応:×
対応機種:ユニバーサルアプリ
レビュワー:Gee7

プレイガイド
巣から線を引き、線上を移動させたいアリ(ボンバー以外)を選択。
アリは線上を移動。
不要となった移動線はタップ&ホールドで×ボタンが出現するので、×ボタンをタップで消去可能。
ボンバーのみタップした地点に爆撃。
ピンチで画面の拡大・縮小。
ドラッグで画面を動かすことが可能。


解説

タワーディフェンスやディフェンスゲームと違い、自分の描いた線上をアリが移動しながらアリの巣を防衛するストラテジーゲームです。ありそうでなかったタイプのディフェンスゲームでしょうか。線を描いたり、消したりしながら防衛ラインを作成していける点が他のディフェンスゲームと違う点になります。そのため、多様な戦略性のあるゲームになっていると言えます。どういう線を描いていくかは自由です。アリは食べ物(敵の死骸だったりします)を集めるワーカー、敵の虫達と肉弾戦で戦うソルジャー、敵に弾を発射するスピッター、飛行しながら爆弾を落とすボンバーの4種類です。ボンバーのみタップした地点に爆撃します。食べ物がアリの数を増やしていくカギなので、本拠地を防衛しながら、ワーカーも守っていかないとなりません。一方で攻撃しつつ、他方ではワーカーが敵の死骸を取りにいけるよう線を描いたりと攻めと守りを同時進行しなければならないので、なかなか忙しいゲームになっています。攻防一体となっている点が面白味を感じる部分になるのでしょう。難易度はそれほど高くありません。ステージ数も多くはないほうだと思います。それでも、やたらボリュームは多いけど、内容が薄いタイプのゲームよりは中身の濃いものになっていると思います。iPhoneの画面サイズだと、多少線が引きづらい時もあり、遊びづらさを感じる人もいるかもしれません。iPadのほうが遊びやすそうですが、iPhoneでもストレスにはならない程度だとは思います。虫達は立ち絵ではかわいいのですが、ゲーム中はそれほどかわいい感じではないので、虫が苦手だとあまり気持ちの良いものではないかもしれません。

評価
ゲーム性:★★★★★
サウンド・グラフィック:★★★★☆
やりこみ要素:★★★☆☆
操作性:★★★★☆
評決:82/100

+ポイント
オリジナリティー
戦略性
自由度

-ポイント
多少線の引きづらさあり
虫が苦手な人には合わない可能性
ボリュームは少ない

参考:英語圏主要メディアやAppStoreのレビュー点数(100点満点)
100: Slide to Play
90: 148Apps
80: TouchArcade
80: AppSpy
70: Pocket Gamer
84: レビュー平均点(最低70:最高100)

90: AppStore(US)
100: AppStore(GB)
90: AppStore(JP)
このアプリをダウンロードする



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top