Home > レビュー記事 > レビュー > レビュー:Don’t Run With a Plasma Sword

レビュー:Don’t Run With a Plasma Sword

コメント:作りこまれている感の強いひたすら走る系(エンドレスランナー)。ひたすら走る系好きな上級者向け?!


アプリ名:Don’t Run With a Plasma Sword

デベロッパー:XperimentalZ Games
ジャンル:アーケード
レビュー時の価格:¥170+アプリ内課金
レビューしたバージョン:1.0.9
日本語対応:×
対応機種:ユニバーサルアプリ
レビュワー:Gee7

プレイガイド
従来の横スクロールアクションゲームを強制的にひたすら走る系にしたような感じのゲームです。攻撃、ジャンプ、スライドの各ボタンを駆使して、各ステージの最後まで走り続けます。モードを問わずXPを入手することで、各スキルのアップグレードが可能です。XPはストーリーモードでもエンドレスモードでも稼ぐことが出来ますし、アプリ内課金で別途購入も出来ます。ボスバトルも用意されています。

解説
ボス戦があったり、RPG的なアップグレード要素が多かったりと作りこまれている感はしますが、ひたすら走る系のゲームとしては特にここが新しいという点はないような気がします。特徴的というか目を引くのはレトロな感じのアメコミ系グラフィックでしょうか。ライトセーバーを持った主人公が走り続ける点は、スターウォーズ好きがまず興味を持つところでしょう。

ジャンプしてからのスライドなどの高等テクニックや、落とし穴の位置を把握しなくてはならなかったり、ボス戦での攻撃パターンを把握するなど攻略要素が多いのは、ひたすら走る系のゲームが好きな上級者向けに設計されているからでしょうか。上級者でなくとも遊べるようにはなっていると思いますが、上級者ほど燃える要素が散りばめられているのも確かでしょう。マップを暗記する以外、落とし穴の位置を事前に知る方法がないので、ストレスを感じる人もいるでしょう。自分のクセなのか、どうしても上へ上へと逃げてしまうのですが、ジャンプを失敗すると下がどうなっているのか見えないため、タイミング悪く落とし穴に落下、そのままゲームオーバーということが何回も起きてしまいます。いちいちステージ構成を失敗しながら覚えていくのは面倒という人のほうが多いと思うんですけどね。

AppStoreのゲームジャンルで飽和状態を通り越しているジャンルの一つがひたすら走る系だと思います。その中では良く出来ているほうに属するでしょう。ただ、選択肢の多いジャンルだけにこのゲームじゃなきゃという決定的な強みを打ち出しきれなかった感じもします。アメコミ系のグラフィックに違和感も感じないし、一番好きなゲームのジャンルがひたすら走る系で、腕に自信もある人向けといった感じになるのでしょうか。ジャンプのタイミングだけでなく、ライトセーバーを振るタイミングやスライドするタイミングも求められるので、その分アクション性が上がっています。反面、気軽さが犠牲になってしまうのは致し方ないところでしょうか。決して上級者でないと楽しめないというわけではないと思いますが、ある程度「やるぞ」と意気込んでやりこまないとなかなか先へ進めないタイプのゲームなのかなと思います。

評価
ゲーム性:★★★★☆
サウンド・グラフィック:★★★☆☆
やりこみ要素:★★★★☆
操作性:★★★★☆
評決:76/100

+ポイント
操作性
やりこみ要素
ボス戦

-ポイント
ステージ構成の暗記が求められる

参考:英語圏主要メディアのレビュー点数(100点満点)
90: iFanzine
90: TouchArcade
80: TouchGen
80: AppSpy
50: Slide to Play
78: レビュー平均点(最低50:最高90)

90: AppStore(US)
100: AppStore(GB)

このアプリをダウンロードする



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top